旅ナビ-台湾
ホーム > 台湾での宿泊 > 高雄の宿を予約する

高雄の宿を予約する

台湾第二の都市である高雄はホテルの数には事欠きません。
ビジネスホテルから高級ホテルまであらゆるタイプの宿が揃っていて、予算や好みの設備で選べます。

列車移動が多い私の場合、もっぱら高雄駅周辺の宿を予約。 このエリアは古いビジネスホテルが多かったのですが、近年、続々と改装されて綺麗で滞在しやすく変貌を遂げています。
その代わり、改装前の古いホテルでは3000円くらいで泊まれたのに、1.5~2倍近い料金を支払わないと行けなくなったりして、 なかなか忸怩たる物がある。それでもシティホテル並みの設備やサービスを備えたビジホなので満足感は高いです。

高雄空港から出入国をしている方は高雄駅からMRTで一つ南に下った美麗島駅周辺にするのもあり。
二つのMRTが交差している駅なので、観光に動き回るのに非常に便利です。有名な六合夜市もこの最寄りです。
ただし、始発が6時台なので、7時代に出発する飛行機だとMRTでは間に合いません。 高雄駅前から空港まではタクシーで300元を超えたので、帰国日は空港に近いホテルを選ぶのも手段の一つですかね。

高雄の宿

カインドネスホテルカオションステーション 7000円ちょい。

No.295, Jianguo 2nd Rd, 三民区(サンミン), 高雄市
カインドネスホテル高雄駅前の部屋

カインドネスホテルの朝食ボックス
高雄駅の目の前で立地がとてもよいビジネスホテル。改装してあるので部屋もきれいで使いやすく、ビジネスユース、観光ユースのどちらにも使えます。
ダブルの部屋を予約したのですが、部屋が空いていたからか、ツインの部屋にしてくれました。 日本語を話すスタッフはいませんでしたが、英語でそつなく対応をしてくれて、 何の問題もなく過ごせた。Wifiもちゃんと繋がりますし、パソコンもあるのでウェブチェックインしておけば、 空港に行くのものんびりできるし。
着いてから知ったのですが、朝食だけでなく夜食のサービスをやっており、麺やご飯などの軽食、アイスクリームなどを楽しむことができます。熱炒で飲んできて、〆はここっていうのもありだなぁと。
また、高雄から日本へのフライトは早朝便が多いですが、朝食が食べられないといえば朝食ボックスを用意してくれます。 パンと果物と水程度とおもったら、パン屋さんのパンがぎっしり詰まっていて驚いた!
値段はビジホの中では少々高めですが、立地、サービス、居心地を考えてまたリピートしました。
鉄道駅の目の前っていうのがポイント高いです。円高になったら有難いんだけども・・・。

ジン ジン ホリデー ホテル (晶晶假期商務旅館) 3000円ちょい。

No.482, Zhongxiao 1st Rd., シンシン ディストリクト, 高雄
高雄ホリデイホテルの部屋
高雄駅から徒歩10~15分ほどのビジネスホテル。 リノベーション済みで部屋はおしゃれな雰囲気に改装されています。 洗濯機やビジネスセンターのパソコンも無料で使えて便利。自分のパソコンを使う方は部屋にもLANの口が準備されていますが、ベッドの隣だったので、長いケーブルがあったほうがいいかもしれません。(貸してくれるかどうかは不明です。)
周辺には朝食やなどは結構ありますが、コンビニまでは少し歩きます。
周りにビジネスホテルが多いため、従業員のサービスが丁寧で好感が高いです。 競走のない町はやっぱりサービスが今ひとつですよ。
高雄ホリデイホテルの部屋 ←冷蔵庫の上に作りつけの蛇口。お湯が出る。(ポット代わり。)

カジャホテル(旧ホリデイホテル) 3000円ちょい。

No.72, JhongJheng 4th Rd Sin-Shin dist.Kaohsiung.Taiwan, 新興区(シンシン), 高雄市
高雄 ホリデイホテル 部屋
高雄 ホリデイホテル アメニティ
六合夜市にほど近いビジネスホテル。一つ上のジン ジン ホリデー ホテルを予約したつもりが気がついたらagodaと契約きれてたのか、こちらを予約してました。 出発直前に念のため地図を確認したので違う宿だと気がついて助かった。(現地で迷わなくてよかった。)
その上今度はカジャホテルに名前が変更されていて(でも表示はホリデイホテル)。ちょっと不親切ですね。

系列の宿なのかよくわかりませんけどサービスは似てました。ホテルは小さかったけど、パソコンもあってwebチェックインもできたし。 なんといっても地下鉄のミラドー駅が近いので、空港まで一本でいけるのが楽だった。


記事はお役にたてましたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
このエントリーをはてなブックマークに追加