旅ナビ-台湾
ホーム > 台湾東部 > 台湾東部・花東公路エリア

台湾東部・花東公路エリア

日本から台湾行きの直行便が着く空港は西側にしかありません。
そしてその多くの国際線が発着するのは台北です。
台北から台東はほとんど真裏ですし、
比較的近い花蓮でも特急列車で数時間を要します。
新幹線やバスで簡単に行き来できる西側と違い、訪れる日本人は多くありません。

台湾西岸は良港も多く、昔から都市として発達してきました。
反面、東海岸は波が高く、港の建設もままなりませんでしたが、
日本統治時代に花蓮港が整備されたことをはじめとして、
日本人が切り開いた土地も多く、日本人も多く住んでいました。

戦後、中国大陸から台湾へ国民党が渡ってきた直後には、
日本が統治した痕跡(例えば神社など)は打ち壊されたり、
壊さなくても、長いこと放置されて朽ち果てていました。

そのように長いこと人々が興味を持たずにいた様々な痕跡が、
近年になり、台湾の人々により整備され、観光地として生まれ変わっています。
特に東側は日本家屋をリフォームしたり、神社を再建したり、
日本の祭まで復興させている村があるほどです。

また、台湾の都会の人たちも、都会とは違う穏やかな空気に触れたいと、
週末や長い休みに台湾東部エリアを訪れる人が増えています。
山林、農村などへの旅が人気になっており、週末ともなると台東行きの特急列車は切符が取りづらい状況。

漢民族も住んでいますが、西海岸ほど漢民族の色は濃くありません。
原住民の文化に触れたり、日本の痕跡をたどったり、温泉に入ったり、
自転車でサイクリングを楽しんだりと、台湾の違った顔に触れられるのが東海岸の魅力です。

台東 小野柳
台東の海岸沿いの奇石
海が荒れるからこそ、台東の小野柳みたいな絶景も生まれちゃいます。
宮崎の鬼の洗濯板みたいで、激しい波に削られてできたところです。
でも、ガイドブックはかれこれ何年も東海岸は同じ記事しかでてなくて、
台北から遠く、商業的に成り立たないところは無視されてるのがよくわかる。
(でもってそういうところでも必ずいるのが中国人観光客。
 もう台湾は中国から離れられないと感じます。)

是非、自らの足で歩いて、いろんなものを見てきてください。
バスの時刻表を調べながら移動するか、レンタバイクやレンタサイクルで楽しんで。


台湾東部・花東公路エリアの記事一覧

花蓮県


台東県

  • 台東の宿を予約する
    台東の宿を予約する
    台東県は温泉ホテルから民宿、原住民経営の宿など、好みに応じて様々な宿が選べます。高級ホテルも増えてきました。

記事はお役にたてましたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
このエントリーをはてなブックマークに追加