旅ナビ-台湾
ホーム > 台湾旅の履歴 > 台湾(台東)個人旅行 2018年7月

台湾(台東)個人旅行 2018年7月

昨年の夏、プユマ族の海祭に行くはずが「日程を間違えてた」と言われ、確保した休みと航空券の消費のため、 やむなく霧社とか廬山温泉を楽しんだのが去年の話。(まだアップしてない。)
今回は土曜開催を見越して、金曜から休みを取って台湾に飛んで、きっちり間に合わせて参りました。
冬の狩猟祭は参加人数も、観光客の数も多く、皆伝統的な衣装をまとって行われますが、対する海祭は、 もっともっと身近で参加型のお祭りでした。数年前、アミ族の村祭りに飛び込んだ時を思い出します。
そして、春の婦女祭で「また夏に来る」とおばあさんに言ったら「それは男の祭りでしょ!」と言われた意味もわかったし。
朝に儀式、昼はみんなで会食して、午後は相撲大会!そして夕方からはステージで演芸大会と来た!
翌日は違う部落の祭りに参加したりして、4日の台湾滞在を満喫いたしましたよ。皆さんも是非!

プユマの海祭の旅
渡航国:都市 台湾:台東、高雄
期間2018.07.13-2018.07.17
旅程 07/13 羽田-air-関空-air-高雄-train-台東 (台東泊)
07/14 台東 (台東泊)
07/15 台東 (台東泊)
07/16 台東 -train- 高雄 (高雄泊)
07/17 高雄 -air- 成田
旅行形態個人旅行
航空会社 エバーエア:国際線 関空-高雄-成田
宿泊 今回はagodaを使いました。

[台東の宿]
伊娃民宿
→台東駅から歩くと15分~20分くらいの場所の南王部落にある民宿。
 台東でいつもお世話になっている高山舞集のご家族が経営しています。
 祭の参加のためには南王に滞在が便利なのでここを利用します。

[高雄の宿]
カインドネスホテルカオションステーション
→高雄駅の目の前で、着いてすぐに荷物を下ろして出かけられて便利。
 フライトの関係で朝食は食べられなかったけど、夜のスナックサービスを利用できた。
 麺やご飯物など簡単な台湾メシが食べれるので、飲んだ〆にするといいですよ。
 部屋は改装されていて綺麗。Wifiの入りもよく、滞在に困りません。次の定宿にする。
旅行代理店 今回は使ってません。ANAのマイルでエバーエアの特典航空券。
両替事情

物 価
10,000円→2,500元って感じ。だいたい1元=4円

日本円が弱い上に、宿などは設備が良くなっているために値上がりしており、
高くなったなぁという印象が否めません。
ビジネスホテルでこの値段か~とか。豪華な部屋の民宿も増えてますしね。
食事は単価が低いのでそれほど気になりませんが、宿代だけはシビアです。
気象状況
7月
日本の夏が異様な暑さのため、日本より南に位置する台湾の方が若干過ごしやすかった。
それでも若干という感じ。冷房が効いている場所が多い国だから耐えられる。
旅の持ち物 旅の基本的な持ち物は「海外旅行の持物一覧」ページに記載したものを持参。

イモトのWiFi でおなじみのグローバルデータのWifiを日本から借りて行きました。
もしかしたら台湾で借りた方が安いかもしれないけど、空港で時間のロスしたくなかったので。 Wifi使ってFacebookの電話をつないだりできるので今回も大いに活用しました。
イメージ プユマ族海祭:海岸沿いに祭壇を作っているところ プユマ族海祭りのごちそう プユマ族海祭 相撲大会

記事はお役にたてましたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
このエントリーをはてなブックマークに追加