旅ナビ-台湾
ホーム > 台湾西部  »  高雄 > 高雄市岡山区:羊鍋(山羊鍋)と豆味噌に感激する。

高雄市岡山区:羊鍋(山羊鍋)と豆味噌に感激する。

岡山駅前マップ
【高雄岡山駅前に設置されたマップ:岡山名産店や観光案内がある】

東港を経由して最後の目的地高雄にたどり着きました。
高雄は10年以上前の初台湾旅行でも来たのですが、あきれるくらい全く憶えていません。
ガイドブックをめくってもどこに行ったかは思い出せないし、憶えているのはマックに行ったことくらい。
「へぇ~、台湾ってアップルパイじゃなくってパイナップルパイがあるんだ。」
と、台湾限定メニューに感心したくらい。海外でマック入ったのがあのとき初めてだったので。

要するに高雄って印象が台湾第二の都市でしかなかったのだと思います。
10年以上ぶりの高雄は少なくとも観光客誘致を掲げていて、いろいろがんばっている印象でした。
地下鉄が開通した時に同時に設置したのか、町の至る所に観光地図が設置されているので、
ガイドブックを持たずに旅をしていた私には大変重宝した。

左営蓮池潭
左営蓮池潭
ところで日本を出発する前から高雄周辺で食べるものを決めていました。
一つは昨日行った東港のマグロ。
高雄ではなく屏東県になるため、台東から高雄に向かう途中で寄りました。
バスの情報などはネットカフェで調べたのですが、今時の人はスマホかも。

そしてもう一つは高雄の岡山鎮の羊です。
岡山では岡山三賓として、羊肉、辣豆瓣醤、ハチミツが指定されています。
この羊鍋がとにかく評判がいいようで気になっていたのです。
ネットでググると町の至る所に羊を出すお店があるようだったので、
台鉄に岡山駅にまずいって、現地でお店を物色することにしました。

岡山駅
台鉄岡山駅。
まずいきなり岡山に行っても早すぎるため日本のテレビでもよく使われる
「左営蓮池潭」に立ち寄ってみました。
前回の旅でバスでどこかに出かけた記憶があるのでここかと思いましたが、
やっぱり記憶になく、一体私は高雄で何をしたのか不思議で仕方ない。

この公園を散策した後、タイミングよく来た区間車に乗って左営から岡山へ。
この列車、なんだか電車の揺れが妙に居心地悪く、胸焼け気味。酔いそうになった。

「こないだも思ったけど台湾の列車って揺れない?なんとかインスペクターを売ってあげたらどうかな?」

テクノインスペクターとは小田急線が使用しているハイテク検測車である。
数年前、小田急線に乗った時に車内の自社広告で見て、憶えていたのだ。

「あのね。検測車を走らせるだけじゃ意味ないの。ちゃんと整備しないと。」

テクノインスペクターは走らせることで自動的に線路の不具合を計測出来る列車なのだが、
機械ができるのはそこまでで、実際に不具合を調整するのは人がやらねばならないそうだ。
そういやミャンマーの鉄道なんてひどかったなぁ。線路のゆがみがシロートの肉眼で確認出来たもの。
ま、台湾の列車は運行に支障が出るわけでもないし、大丈夫なんだろうと思いますが。
日本はつくづく細かいところにハイテク技術が詰まっているのだなぁと感心した。

ところで、岡山の羊は「今まで食べた羊肉はなんなんだ!」とちゃぶ台をひっくり返したくなるくらい激ウマ。
大量生産された某国の輸入羊なんてもう絶対に口にしない!と固く誓いました。
台湾でも台湾産の羊肉は輸入羊の4倍もするそうで、輸入物の方が広く出回っているそうですが、
是非、台湾産の羊をご賞味アレ。別モノですよ。

しかし、羊、羊と連呼しておりますが、台湾では羊と山羊を区別しないそうです。
岡山で食べたのは羊ではなく山羊の模様。なぜならお店のロゴマークが山羊だからです。
羊鍋屋さんの場合、羊肉を使っている店、山羊肉を使っている店などいろいろあるみたい。
いずれにせよ、岡山の山羊は臭みがなく、やわらやかくて実に美味いです。

衝撃的なうまさだった高雄県岡山鎮の羊たち

岡山羊肉火鍋 羊鍋
駅前のマップに掲載された阿公店(老舗店)の中から徒歩圏内のお店「源坐羊肉」に行きました。 ちょうど昼のピークが終わりかけで従業員がまかないを食べている時間帯。岡山羊肉火鍋炒麻油羊肝涼拌羊肚を注文。 ビールはだめって言われたのでプラス白いご飯。
台東の布農部落で食べた羊鍋も美味しかったけど、ここのは全くの別物!「なにこれ!美味い美味い」と 大喜びしながらカメラでバシャバシャ写真を撮っていたので、お店の人が店一番の自慢の肉「白片羊肉」をサービスしてくれた。羊ってこんなにおいしかったんだぁ・・・。
今回は初めてだったので昼間の時間帯に行きましたが、次回は絶対に夜行きます。友達も勧誘中。
ネットで見つけたのですが中華民国養羊協会の調査によると台北には台湾国産羊肉を出す鍋屋さんは一軒もなかったそうです。美味い羊は高雄で食べれば確実ってことかも。
ただ台湾では山羊と羊を区別しないみたいなので、羊鍋やさんは羊を使っている店もあれば 山羊を使っている店もあるようです。岡山は一応山羊みたい。

白片羊肉 茹でた羊のバラ肉炒麻油羊肝 羊の肝のごま油炒め涼拌羊肚 羊の胃袋の和え物高雄市岡山の名物 唐辛子入り豆ジャン

台湾の旅に行きたくなったら・・・物価と旅程の目安にどうぞ。

旅行時期:2011年12月 1NT$=約2.7円

■交通:地下鉄 高雄-生態園 20NT$、列車 左営-岡山 21NT$、岡山-高雄 31NT$
■食事:岡山羊肉火鍋 350NT$、炒麻油羊肝 150NT$、涼拌羊肚 100NT$、白飯10NT$
■土産:辣豆瓣醤 60NT$
■宿泊:ジン ジン ホリデー ホテル (晶晶假期商務旅館) 3000円ちょい。

■成田-台湾航空券 直行便で20,000円前後~。(参考:海外格安航空券の検索・予約 YAZIKITA)
 台北便は通常チャイナエアラインが最も安く、続いてエヴァエア、日系という順で高くなります。
 ジェットスターなどの格安航空会社も出てきました。年末などの繁忙期は検討の価値もあるかも。
 また、日本発が午後便だと台北での活動時間が減るので午前便より安い。
 高雄便もあるけど台北に比べたら本数も少なく、おまけに台北-高雄間は新幹線で2時間。
 お金と日程、旅の目的を計算して上手に選びたい。
 私はエイビーロードで金額をざっくり把握、アタリをを付け、個別の代理店に問い合わせます。
 

旅程を立てるために参考にした本やウェブサイト
交通部鉄路管理局花蓮県政府花東縦谷国家風景区旅々台北google map台湾台北ナビ

記事はお役にたてましたか?

更新の励みになりますのでソーシャルボタンで共有していただけたら嬉しいです。m(_ _)m

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
このエントリーをはてなブックマークに追加