旅ナビ-台湾
ホーム > 台湾内陸部  »  南投 > 台湾最大級の抗日武装蜂起事件の地:霧社へ

台湾最大級の抗日武装蜂起事件の地:霧社へ

徳龍宮から見た霧社と碧湖
【徳龍宮(旧霧が丘神社跡)から見た霧社と碧湖。】

霧社事件というのを聞いたことがあるだろうか。
日本が台湾を統治していた時代、当時の台湾総督府(台湾を統治するために設置された日本の出先官庁)は、
言葉をはじめとして、生活習慣を日本式に変えようとしました。
台湾に漢人が来る前から居住していた先住民族(原住民族)は、特に生活習慣や風習が全く異なっており、
日本式の生活習慣を強いられたことは彼らの自尊心を深く傷つけました。
霧社事件というのは現在の南投県の霧社地域で起こった原住民による代表的な武装蜂起事件です。

その事件を先導したのがセデック族のモナ・ルーダオ。現在の廬山温泉にあるマヘボ社を修めていた頭目です。
事件は霧社の公学校の運動会で起こりました。
各地の派出所を襲撃することからはじめ、通信手段を絶ちました。そして、多くの日本人が集まる霧社公学校で
老若男女問わず、多くの日本人を襲撃したのです。
事件のあらましについては、書籍や映画などをご覧あれ。お薦めは映画セデックバレです。


霧社へは埔里からバスで30分。

霧社事件紀念公園のゲート
霧社事件紀念公園
正面入口のゲート。
霧社は、埔里から山道をバスで30分ほど登った標高1100m程の山の中腹にある集落で、 目の前にダム湖の碧湖を見渡せる山間にあります。
廬山温泉や清境農場といった風光明媚な観光地を目指す観光客が、途中下車して立ち寄るのが 最も一般的な来訪者ではないかと思われます。
観光客目当ての商業施設などはほとんどありません。
(廬山温泉のお茶を売るお店なんかはちょこっとある。)

車はバイクの方が時間を気にせず行けて便利ですが、 逆に駐車場所もそれほど多くはないので、特に桜の季節は注意が必要です。
霧社までだったらバスも30分に一本は走っているので、バスで行くのが無難かなぁと思います。
お薦めは廬山温泉や清境農場への帰りに寄ることです。

民宿もあるので、宿泊したければ宿泊も可能です。

霧社事件の関連地やかつての日本人居住跡などを見て回る

公園にそびえ立つ抗日英雄モナルーダオ
【公園にそびえ立つ抗日英雄モナルーダオ】
事件の舞台となった小学校は現在台湾の電力会社の敷地になっているので入れませんが、
公学校跡地や殉職者のお墓の場所など関連する場所には立て看板で案内があります。
(漢字でも読めるのが我々日本人の利点です。)
また、徳龍宮(旧霧が丘神社跡)に上る階段にある鳥居がかつて神社だったことを思わせます。
また、モナルーダオが亡くなったのは霧社ではありませんが、後年発見された遺骨は台北の大学などを経て、
1973年に霧社の地に埋葬されました。
お墓は霧社事件紀念公園の奥に設置され、今では多くの観光客がお参りに訪れます。

また、霧社の各地には寒緋桜が植えられており、その赤い桜は映画の演出でも印象的でした。
桜の季節(1月下旬から2月頃)にこの辺りを訪れるとまた感慨深いモノがあるでしょう。
ただ来ても面白くはないので、本とか映画で予備知識を入れてから来ることをお薦めします。

モナルーダオの墓 霧社公学校跡地の看板 霧社事件殉職者の墓の案内。
【左:モナルーダオの墓、中:霧社公学校跡地の看板、右:霧社事件殉職者の墓の案内】
霧社事件を扱った映画や本

台湾の旅に行きたくなったら・・・物価と旅程の目安にどうぞ。

旅行時期:2017年7月
1NT$=約4円
■バス:霧社-埔里 83元(ICカード73元)

■成田-台湾航空券 直行便で30,000円前後~。(参考:H.I.S. 台湾旅行
 台北便はLCC、チャイナエアラインが最も安く、続いてエヴァエア、日系という順で高くなります。
 LCCは夜中や早朝など時間帯が今ひとつな代わりに、台湾に早く到着できるというメリットもある。
 また、日本発が午後便だと台北での活動時間が減るので午前便より安い。
 高雄便もあるけど台北に比べたら本数も少なく、おまけに台北-高雄間は新幹線で2時間。
 お金と日程、旅の目的を計算して上手に選びたい。

 国内線は、台湾の航空会社で直接買うと中国語(繁体字)なので若干ドキドキします。
 今はエクスペディアで定価で買えるので、使うといいですよ。